札幌商工会議所発行
さっぽろ経済6月号に掲載いただきました!

「海外のアニメには車いすに乗っているキャラクターがごく自然に登場します。
日本の雑貨売場にも
「車いすのキャラクター」が特別ではない日に陳列されることが、当たり前になるような意識を目指しています」

”かわいい!思う目線”
”大好き!と思える目線”
”ほしい!と思える目線”

にへだたりはないのです」

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ノーマライゼーションへの意識は更に広がりつつあります。
医療・福祉に携わる人でなくても、ほしい商品、かわいいと思えるキャラクターを作りました。

いいな!と思った商品が

”たまたま車いすに乗っている女の子の商品だった”

というような 障がいがあってもなくても”かわいい”と思える心のバリアフリーを目指すブランドです。

是非、たくさんの方にこの私の目線のキャラクターたちを
知っていただいて、様々な商品にキャラクターを使っていただきたいと思っています!

「うちの商品にぴったりなキャラかも!」

という企業のかた!笑
お待ちしております(´∀`*)
http://dekotsue.com

0168652b661748cc4740a94287a1d3a772fede21be 13392254_1143350129050767_5238397109937020682_o