• 090-6445-2589
  • info@dekotsue.com

月別アーカイブ5月 2016

十勝毎日新聞に掲載していただきました!

十勝毎日新聞に掲載していただきました!

ウェブ版はこちら↓
http://www.tokachi.co.jp/feature/201605/20160527-0023833.php

13268394_1131767476875699_7074366114528635891_o

『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』 札幌上映会のご案内

『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』

札幌上映会のご案内

(株)エムブイピークリエイティブジャパンは、
医療法人稲生会
「北海道小児等在宅医療連携拠点事業YeLL[いぇーる]」共催にて、
難病の子と家族の日常を伝える
ドキュメンタリー映画
『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』
札幌上映会を、開催いたします。

より多くの方に見ていただけるよう
『ユニバーサルフラットルーム』
をご用意いたしました。

この映画は、
難病の”難しさ”を描いた内容ではありません。
難病を患う家族に
スポットをあてているにも関わらず、
”生きる歓び”を映し出し、観る者にとって
”生きる”とは?
”本当のしあわせ”とは?・・・
など大きな気づきを与えてくれる内容です。

「何を持てば?」
「どちらを選べば?」
「しあわせ」になれるのでしょう。
健康であっても、
病気であっても、
障がいがあっても、
どのような状況にあっても
変わらないものが私たちにはあります。

~いま、ここ、目の前に~
『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』
http://given-imakoko.com/

今できる限りの
様々の人が、より楽しく
上映会をみることのできる環境を準備しました。

ユニバーサルフラットルームは
イスをすべて撤去
横になるマットやクッションの持ち込み可
部屋の中は暗くせずにブラックスクリーンを使用
音量も控えめ
少々の音OK(子供の声等)
医療行為による電源の利用可

この映画、なんと
役目を終えた「金歯」や「銀歯」の寄付で製作されています!
そんな金歯や銀歯に使い方があったとは・・(@_@)

歯科医師による自主的な社会貢献活動
「TOOTH FAIRY(歯の妖精)」プロジェクトに寄付された
歯科撤去金属をリサイクルし、難病の子どもとその家族の理解促進を深めることを目的に制作を支援しています。

当日、会場では
映画の撮影を担当している橋本和典さんの
パネル写真展も開催します!
橋本さんは
家族写真の撮影では全国に多くのファンがいるだけでなく、
財務省、金融庁の人物撮影から、石井竜也プロデュース映像「GroundAngel」や、AI“I wanna know” プロモーション・ビデオへの写真提供まで、活動の幅は広く、 家族の笑顔、表情を丸ごと素晴らしい角度から、撮り続けている方です。

是非会場で見ていただき、皆様の家族写真を撮るきっかけにしていただけたらと思っています(*^-^*)
http://kazufoto.com/

そして、この映画の上映会は、
私が販売している”ろってちゃん”グッズ
”こころのボーダーをなくそう”

プロデューサーの水戸川さんがアシスタントディレクターをされていることから開催にきっかけをいただきました。
出会いに感謝(#^^#)

チケット入手先は

デコ杖.net

(クレジット決済・コンビニ決済にも対応)

ほか
ゆうちょ銀行
上映会専用払込取扱票があります
問合わせ
(株)エムブイピークリエイティブジャパン
TEL 090-6445-2589
Email info@dekotsue.com

Given~いま、ここ、にあるしあわせ~プレス

⑦公式チラシ表面B5たて_

⑥公式チラシB5裏面

①オリジナル販促用フライヤー表

②オリジナル販促用フライヤー裏

【上映会詳細】

日時
2016 年8 月21 日(日)10:30 ~/14:00 ~

会場
会議・研修施設ACU/アキュ
読売北海道ビル3F 札幌市中央区北4 西4

定員
400名 (各ルーム1上映100名定員)
・ユニバーサルフラットルーム(午前・午後)
・イス、車いすルーム(午前・午後)

料金
・大人1620円
・障がい者手帳をお持ちの方とその介助者1名(ペア券)1620円
・高校生540円
・中学生・小学生・幼児 無料
(スペース確保のため申込は必要)

問合わせ
(株)エムブイピークリエイティブジャパン
TEL 090-6445-2589
Email info@dekotsue.com
http://dekotsue.com

【共催】
・医療法人稲生会
「北海道小児等在宅医療連携拠点事業 YeLL[いぇーる]」
・株式会社エムブイピークリエイティブジャパン
【特別協賛】
会議・研修施設ACU/アキュ
【協力】
・kazufoto ・WEBTRIBE株式会社

【制作 ・配給】
公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を
【映画製作スタッフ】
監  督:高橋夏子
エグゼクティブプロデューサー:大住力
プロデューサー:近藤正典
アシスタントプロデューサー:水戸川真由美
映  像:橋本和典
語り・主題歌:綾戸智恵(JAZZ SINGER)
ナレーター:熊谷麻衣子
(お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんの奥様)
音楽:KOTEZ(コテツ)

【映画製作支援】
「支援特別パートナー」
公益社団法人 日本歯科医師会 × 公益財団法人 日本財団TOOTH FAIRYプロジェクト
「企業サポーター」
・エーザイ株式会社 ・第一三共株式会社・株式会社テイコク製薬社・株式会社ミノファーゲン製薬・株式会社 GARDEN
・ギャラリーコンティーナ・株式会社スヴェンソン・株式会社PAL・フォーエバーリビングプロダクツ ジャパン有限会社
・株式会社フロジャポン・株式会社本物研究所・有限会社村山住宅・株式会社リグア

~私の目線 my view point~ 商標登録完了しました。

~私の目線 my view point~

商標登録完了しました。

登録第5845380号

実は社名でもある 
私の目線 my view point。

my view pointの頭文字をとって

mvp creative japan Co., Ltd
エムブイピークリエイティブジャパン

「私の目線で日本を創造する」という思いを込めています。

 

大切に育てていきたいキャラクター達(*´▽`*)
これから更にたくさんの方に知っていただきたいなと思います。

 

~「デコつえ」で福祉もかわいく~ NHKで取り上げられました

NHK 北海道NEWS WEB
「デコつえ」で福祉もかわいく

ということで「デコる」という人もいます。
この「デコ」をつえにしてみたら多くの人が笑顔を取り戻しました。
名付けて「デコつえ」。
インターネットを通じて全国から注文が集まり、10代から90代まで、幅広い年代の女性に人気が広がっています。
「デコつえ」を制作しているのは大海恵聖さんです。
実は、大海さん自身も6年前に関節リウマチを発症しました。
「つえがないと歩けなくなるのでは」と当時は心配していました。
そうした時、仕事中に高齢の女性に出会いました。
その女性が使っていたつえがかわいらしく飾られ、すっかり目を奪われたといいます。
そうして、大海さんの「デコつえ」づくりが始まりました。
その最初はきらきらのシールを作ることでした。
貼るだけでデコレーションでき、手先が不自由な人にも簡単です。
その後、試行錯誤を繰り返しながら、レースやストラップなど新しいアイデアを次々と形にしてきました。

大海さんの「デコつえ」に出会い、暮らしが大きく変わった人がいます。
札幌市に住む三好佐衣子さんです。
4年前に脊椎関節炎を患い、病気を告げられた時は、つえには抵抗があったといいます。
去年「デコつえ」に出会い、SNSに写真を投稿したところ、「かわいい」「いいね」という反応が殺到しました。
三好さんは「外出を楽しむんだという気持ちになって、それからは洋服屋にも入って試着もするようになり、おしゃれを楽しめるようになりました。本当に『デコつえ』で変わりました」と話します。

大海さんは、病気になっても、年を重ねても、できることや楽しいことに目を向けてほしいと考えています。
大海さんは「みんなにうれしさとか楽しさとか伝えていければいいと思います。それが『デコつえ』というキーワードなのかなと思います」と優しく話していました。

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20160513/5158541.html

 

5月13日 金曜日 18時10分〜 NHK 「ほっとニュース北海道」内で「デコ杖」について放送されます

NHKさんに取材していただきました!

5月13日 金曜日 18時10分〜
NHK 「ほっとニュース北海道」
の中で、

「デコ杖」

について放送されます。

13173644_1122331031152677_4505179198517757042_n